プラセンタ療法

  • HOME
  • プラセンタ療法

 

プラセンタ療法

女性の様々な悩みを解消するため、プラセンタ療法を行っています。

お気軽にご相談ください。

プラセンタ療法とは

胎盤のことをプラセンタといいます。母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内膜に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。
受精卵は、わずか10ヶ月の期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。

この胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬として珍重されており、多数の漢方薬などにも配合されてきました。

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を“プラセンタ療法”といいます。
新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。

お気軽にご相談ください。

更年期障害の改善
更年期障害の治療薬として、症状によっては漢方などと併用いたします。
プレ更年期の方の改善
生理痛や生理不順から冷え性まで女性特有の悩みを抱える、全ての方におススメです。
この治療方法は更年期障害と肝機能障害の保険適応となります。

副作用・リスク

今のところ副作用はほとんど報告はありませんが、注意点として、献血ができません。診察時にもご説明いたします。